自動車担保融資における問題点

自動車担保融資は、
自動車担保ローンや、
車担保などと呼ばれるものです。

必要な書類を提出することで、
担保に入れても、
車に乗ったまま使用することができるので、
ローンを組もう
という人にとっては周囲に気づかれず、
融資を受けることができる
という利点があります。

また、車を所有してさえいればいいので、
多重債務であっても融資を受けることが出来ます。

しかし、その反面問題点も多くあります。

そのひとつが、無許可の業者が行うケースです。

そのようなところでは、
違法な利率や取立てが行われる恐れがあり、
注意が必要となります。

また、多重債務者であってもローンが組めることから、
その場しのぎにはなっても、
更なる借金が積み重なる恐れがあります。

もし、ローンが払えなかった場合は、
車は当然担保ですから、
引き渡さねばなりません。

その車はどうなるかというと、
「金融車」と呼ばれるものになります。

一般に車は登記されている物件なのですが、
引渡しが所有者の意思に反して行われていることがあり、
その場合、
譲渡証明書による名義変更を行うことが困難となってしまいます。

このような状態では、正規のルートでの販売は難しく、
他の中古のものよりも安価な状態で流通せざるえません。