消費者金融利用における連帯保証人の存在

消費者金融を利用する上での連帯保証人の存在と言うものは、
実際にお金に対する借り入れを行った人と同様に借り入れ金に対しての返済に対する責任を負うと言う事を成約する存在となり、
連帯保証人と言うものには法律上も借り入れを行った人物に対して返済の能力が無いと認められた場合には、
借り入れを行った人物に代わって返済の義務が生じる立場となると言う事を認識しておく必要があります。

消費者金融側としては、貸付を行う事による返済に対する、
リスクと言うものを大きく軽減する事が出来る存在となる事から連帯保証人が存在している貸付と言うものは非常に好ましい状況にある貸付となり、
返済不履行と言った消費者金融側にとって最も避けるべき状況を回避する事が出来る存在として、
連帯保証人のいる借り入れ希望者に対しては、
貸付金に対する上限金額を引き上げる事や貸付金に対する貸付利息を軽減する事によって借り入れの行いやすさを演出して、

利用を促すような行為を行われますが、
借り入れを行っていない第三者とも言える連帯保証人に対して、
借り入れを行った人物とほぼ同様のリスクを負わなければならないと言う事をきちんと認識した上で連帯保証人にはならなければなりません。