借り入れできる金融会社の特徴

借り入れできる金融会社としては、
現在、銀行、銀行系消費者金融、ノンバンク系消費者金融、
信販会社などがあります。
小口金融市場では、銀行が改正貸金業法の施行以来、
本格的に参入することになり、低金利に加えて、
審査基準も以前に比べるとかなり柔軟になって、
消費者金融市場の中で大きな影響力を占めるに
至っています。

中でも、メガバンクのグループの傘下に入った
大手消費者金融は、
過払い訴訟で経営基盤を弱くしたにもかかわらず、
過払い訴訟問題もやっと落ち着きをみせてきている
昨今においては、
収益がでる体制に変わりつつあります。

景気の先行きが不透明な昨今、
企業におけるベースアップも期待できず、
ボーナスや賃金カット、さらに社員形態の変更も、
大手中小企業を問わず、
増えてきています。

そのような中にあっては、
消費者金融に頼る人も増えてきています。
この点に関しては、
改正貸金業法における総量規制がノンバンクに限られた点は、
銀行にとっては追い風となっています。

加えて、銀行グループの一員となった
大手消費者金融においては、
消費者金融でありながら、自らのキャッシング商品を、
銀行のカードローンなどと同様に、
総量規制の対象から外されることで、
経営戦略の見直しが最低限のもので済んでいます。
こうして、借り入れできる金融会社は
新しい時代に入ってきたといえます。