個人の融資にはどんなものがあるのか

まずは、融資の種類を述べていくわけですが、
まず融資そのものの種類を見ていこうと思います。
まずは企業向けとしましては、国から融資を受ける場合は、
災害救援に関わるような国の施策による資金の貸し出しや、
起業を考えている人の為の支援金目的の融資があります。

また同業者などの組合からも融資を受けられる場合もあり、
組合で出し合ったお金からいくらか借りることが可能なのです。
そして、当然一般的な融資を受けることも可能で、
10年以上の長期の融資を銀行から受けることが可能で、
企業の経営状況によって、ある程度の担保があれば、
それなりに融資を受けることが可能です。

この様に、企業は様々な融資を状況によって、
大きく受けられるわけですが、個人の場合ですとその幅は狭くなるのです。
借りれるところはおそらく、農協や、銀行、
消費金融などがベターなのではないのでしょうか?

確かに国からも融資は受けられますが、
凡そ、災害を受けた場合か、
失業した場合など特殊な事情の場合が多いのです。
ですから個人の融資を考えるならば今挙げた3つのものを見てみるのが
重要といえるのです。
ですから、次の項ではこれらの仕組みや
長所短所などを随時説明していこうと思います。