三重県でお金を借りることのできる要件

三重県には、収入が少なく必要な資金のローン融資を他から受けることが困難な世帯や、
障害者、高齢者のいる世帯の生活安定、向上を図ることを目的に、
様々な資金を貸し付ける制度があります。
その資金名は、生活福祉資金といいます。

資金の種類と貸付限度額は、福祉費50万円、
福祉費(住宅)250万円、障害者等福祉用具購入費170万円、
障害者自動者購入費250万円、生業費460万円、技能習得費(低所得者110万円、障害者130万円)、
緊急小口資金10万円、就学支度費50万円などです。
お金を借りることのできる要件は、

まず、貸付と必要な援助指導を受けることにより独立自活できると認められる世帯で、
必要な資金の融通を受けることが困難な比較的所得の少ない世帯
(世帯の所得が生活保護基準の2倍以下)であること、

次は、日常生活上の療養または介護を要する65歳以上の高齢者の属する世帯
(世帯の所得が生活保護基準の2倍以下)であること、

そして、障害者の属する世帯で世帯所得が生活保護基準の3倍以下であること、

以上の三つが、この資金の対象要件となります。
申し込み窓口は、住んでいる地区の市町社会福祉協議会です。